安心の1年間生命補償

トイプードルのお引渡し日より1年以内に子犬がウィルス感染症又は先天性疾患により病死した場合、同種・同等のトイプードルを提供いたします!

万が一、お引渡ししたトイプードルが譲渡日より1年以内にウィルス感染症、先天性疾患により病死してしまった場合、代犬補償として、同種・同等のトイプードルを提供いたします。
代犬の提供は3~6ヶ月が目処となります。
但し、下記に該当する場合は補償されません。 ① 飼育者の不注意、過失、故意による死亡
② 低血糖症などの病気の見過ごしによる死亡
③ 伝染病予防ワクチンの接種を受けなかった場合の死亡
④ 獣医師の治療を受けなかった場合の死亡
⑤ 事故による死亡・逃亡、及び盗難
⑥ 飼育者以外からの補償請求
⑦ 補償請求に際しての虚偽の申告があった場合補償はトイプードルの代犬提供によってなされ、治療費及び金銭の補償は一切致しません。

補償請求の手続き

当該補償対象犬の死亡確認後3日以内に状況をプードルライフに連絡の上、10日以内に下記の書類を添え、ご請求ください。

① 獣医師発行の死亡診断書
② 伝染病死亡時はワクチン接種証明書のコピー(生後3ヶ月以上の場合)
③ プードルライフ発行の「愛犬生命補償書」